宮崎県都城市移住定住支援サイト

人とつながる

移住者の声

日本情報クリエイト株式会社

【Iターン】岡野 雄飛(おかの ゆうひ)さん
【Iターン】岡野 雄飛(おかの ゆうひ)さん
出身地:岐阜県
現住所:都城市妻ヶ丘地区
職業:IT関連 営業
移住年:2015年11月
年齢:21歳
家族構成:単身

都城市への移住を決められたきっかけは?

宮崎市内の専門学校卒業後、都城市の企業に就職。日南市の祖父母の近くに住みたかったので、地元(岐阜県)に戻らず、都城市を選びました。

移住してみて苦労したこと、事前に調べておけばよかったことは?

テレビの番組が2局しかありませんでした…。
車がないと、移動がちょっと不便です。
言葉が分からないことがあって、苦労しました。

移住後に感じた都城市の魅力とは?

都城市のことは、専門学校に入るまでは知りませんでした。学校の友人が都城市出身で、よく「都城は『魔境』だ」と言っていました。宮崎市から都城市に向かう電車が単線で、青井岳(山間部)辺りの気候によって、電車がよく足止めを食い、そこを越えて都城市街地に入っていく感じが『魔境』っぽいです(笑)
岐阜県に居た頃は、山の上の方に住んでいたので、冬は氷点下15℃、夏は湿気が多く蒸し暑かったので、都城は、冬は暖かく、夏も過ごしやすいです。買い物にも困りません。
時間がゆっくりで、岐阜の頃は15分前行動を行っていましたが、こちらは「日向時間」なので、30分遅れもしばしば(笑)
食文化がとても魅力的で、肉と焼酎はもちろん美味いんですが、米が美味いんです!そして、とんこつラーメンも美味いです。
人も優しくて、付き合いやすく、スッと馴染むことができます。

移住を検討されている方へのメッセージ・アドバイス

都会に比べると賃料が安いので、その分、娯楽に注ぐことが出来ます。都会よりも充実した生活が送れますよ。家も安価で建てられるので、マイホームも夢じゃないです。
市民参加型の祭りやイベントも充実していて、私も移住後3か月で「神柱ピクニック」というフリーマーケットに参加、現在実行委員の一人として参加しています。
活気があって、飽きないまちですよ。


他の移住者の方々の声
  • 藏元 彩子(くらもと あやこ)さん
  • 【Uターン】竹田 弘毅(たけだ こうき)さん
  • 【孫ターン】名谷 圭介(なや けいすけ)さん
  • 【孫ターン】甲賀 達巳(こうが たつみ)さん、麻衣子(まいこ)さん
  • 【Iターン】大原 千佐子(おおはら ちさこ)さん
  • 【Iターン】村田 耀子(むらた ようこ)さん